アフターピルと命を大切にする女性

アフターピルというものを聞いたことがありますか?アフターピルは望まない妊娠をしない為に大変役立つ薬です。中絶はあなたの身体も心も、そして小さな命をも傷つけます。そうならない様に当サイトでアフターピルについて知識をつけていきましょう。

アフターピルの避妊率の計算とモノカルボン酸について

アフターピルは膣内に射精されてからの時間の経過によって避妊率が異なりますが、24時間以内ならばほぼ100%の確率で避妊ができるとされていますが、計算上では95%程度の避妊率になります。理論上は避妊率は100%と考えられていますが、実際には2%から5%程度の女性が避妊に失敗するとされているので、計算上の避妊率と実際の避妊率の差がわずかにあるとされています。アフターピルは72時間を経過すると避妊率が低下するとされていますが、計算上は3日以上経過していても70%以上の避妊率なので、膣内射精に気がつくのが遅れたとしてもアフターピルを服用することで、避妊をすることができます。アフターピルは女性ホルモンのバランスを急激に変化させる薬なので、服用すると妊娠状態になります。そのために血栓症が起きやすくなったり、むくみなどの症状が出やすくなりますが、医師の指導に基づいて服用していれば安全性は高いとされています。また低用量ピルでも同様の副作用が見られるので、血栓症の予防や対処をしっかりと学習しておくと重篤な副作用を防ぐことができます。アフターピルに関しては効果が高いのですが、副作用が起きるリスクも高いので、検査を行ってから処方されることになりますが、インターネットでも入手が可能なので、個人輸入を利用して手に入れることができます。モノカルボン酸は酢酸やクエン酸、不飽和脂肪酸などの一種で、食物に含まれているものもあります。クエン酸はレモンなどの柑橘系の果物に多く含まれていて、酢酸は調理用の米酢などに含まれています。またリノール酸などは食用油に含まれているので、モノカルボン酸は日常生活の中で一般的に見かけられる酸性の物質の一つで、モノカルボン酸以外でも多くのカルボン酸が料理などに利用されています。